SEから転職して苦しんでいるコンサルの日記

SEから転職して日々苦しんでいるコンサルタントの日記です。自分の知見をアウトプットして有益な情報を発信しながら、ブログを書くことによって自らの成長も目論んでおります…。みなさんに見守っていただけると幸いです!

「保険会社の保険」再保険とは?

おはようございます。

今日は珍しく朝からしっかり更新してみようと思います!

 

今日のテーマは、「再保険とは何か」です。

 

新聞などを読んでいると、再保険に関する記事もたまに出ているのですが、自分の中でしっかりと理解ができていませんので、この機会に簡単にまとめてみたいと思います。

 

どうしても、自分の専門は証券の領域なので、それ以外の金融に関する知識がまだまだ弱いんですよね…。

 

 

再保険とは「保険会社の保険」

再保険とは、一言でいうのであれば「保険会社の保険」、多くは損害保険会社が掛ける保険であると言えます。

 

まず、再保険について語るには、損害保険会社の機能について考える必要があります。

損害保険会社は、「保険契約者に万一の損害に対する補償を提供する」という社会的使命を果たすために、安定した経営を行う必要があります。

(日系大手なら東京海上日動、三井住友海上などが損害保険会社です。)

 

しかし、例えばホールセール部門で保険金額の高額な契約を引き受けている場合、ひとたび事故が起こると高額の保険金を支払う可能性があります。(巨大タンカーや石油コンビナート等々)

また、地震や台風等の大規模な自然災害が発生した場合も、保険金の支払総額が高額となる可能性があります。

 

損害保険は発生するか否か不確実な災害や事故に対する補償であるため、損害保険会社はこのような事業成績を不安定にする要因を常に抱えています。

特に日本の場合災害が非常に多い国ですから、大きな災害が発生した年には損害保険会社の業績が悪化することは、ニュースをご覧になっている方であればご存知かと思います。

 

そこで損害保険会社は、高額の保険金支払いに見舞われた場合に、どの程度までの損害であれば経営に影響がないか判断し、引き受けた保険契約上の責任の一部または全部を他の保険会社に引き受けてもらっています。

この保険契約が「再保険」です。

再保険は、損害保険会社が安定した経営を行っていくうえで、大きな役割を果たしています。

 

※実は損害保険会社だけでなく、生命保険会社も、引き受けた生命保険契約上の責任の一部または全部を他の保険会社に引き受けてもらう「生命再保険」により、危険の分散を図っています。損害保険会社の再保険と比べると小さな市場ですけどね。

 

再保険会社とは

例として、日本の再保険会社を紹介します。

実はあまり数としては多くないんです。

※もっと他にあってもよいかと思うんですが、あまり儲かるビジネスモデルでないのか、それとも事業を始めるハードルが高いからなのか、そのあたりはまだ勉強不足で理解できておりません…。

 

・トーア再保険株式会社

https://www.toare.co.jp/index.htm

・日本地震再保険株式会社

https://www.nihonjishin.co.jp/

 

最後に

再保険は、「保険」という制度を裏で支えている非常に重要な仕組みであることがご理解いただけたでしょうか?

金融って本当にいろいろ奥が深いなあと改めて思いました。(コメントが激浅)

 

それではまた。